TOP > 世界観

マビノギの世界 エリン

エリンと呼ばれるマビノギの世界は、ウルラ大陸イリア大陸という2つの大陸とベルファストという島から成っています。

ウルラ大陸は人間の街がいくつか存在し、序盤のメインストリームはこの大陸で繰り広げられます。
イリア大陸はエルフ、ジャイアントという人間とは別の種族の街があり、発掘・探検を行うことができるのはこちらの大陸です。
ベルファストはG15以降が進行する島です。

2つの大陸と島は自由に行き来することができます。

実装時期として、ウルラ大陸がまずあり、その後、新しい種族の実装とともにイリア大陸が拡大し、最後にベルファストが追加されていったという歴史があり、現在もアップデートによって拡張しつづけています。

時間と天候

エリンでは、現実時間とは違った時間が流れており、朝になれば朝日がのぼり、夜になれば日が暮れます。
エリン時間の1時間は現実時間の1分半で、エリンの1日は現実時間の36分に相当します。
現実時間と区別するためエリンタイム=「ET」○時と表現されることもあるため覚えておきましょう。

エリン時間は、特定の時刻になるとNPCからアルバイトを受けられたり、ワープポイント(ウルラではムーンゲート、イリアではマナトンネル)の使用が一定の時間帯のみ可能だったりと、冒険の中でも重要な要素となります。

また、エリンでは各地域ごとに天候が変わるようになっており、晴れたり雨が降ったりします。
雨が降ると生産の成功率が高まる効果があります。天候は、現実時間の20分ごとに変化します。

曜日

エリンでは、現実時間の曜日ごとに、店からものを安く買えたり、生産スキルの成功率が上がったりする特別な効果があります。詳細な曜日効果については、Wikiの曜日効果をご参照ください。

フィールドとダンジョン

マビノギには、フィールドダンジョンの2つのエリアがあります。

フィールドは、街から続く普通のマップのことで、街を出るとモンスターが生息する場所もありますが、ここで連続して戦っていると徐々に得られる経験値が落ちてしまいます。 これをキャンプペナルティといいます。
キャンプペナルティは場所を移動しながらモンスターと戦ったり、キャンプを建てて中に入ることで回避することができます。

これに対してダンジョンは、入口で女神像の前にアイテムを落として入場するもので、他の人と違うアイテムを捧げることで自分専用のダンジョンを生成することができます。ダンジョンは、進んでいくと最後にボスがいて、それを倒すと宝箱からアイテムを得ることができます。フィールドと違い、キャンプペナルティはありません。

初めてで、いろいろやってみたけど他の人に見られたら恥ずかしいなぁと思う方は、他の人と同じにならないようなアイテムを捧げてダンジョンに入り、そこでじっくり研究するのもよいかもしれません。

影ミッションと劇場ミッション

影ミッション劇場ミッションは、入場方法は上記と異なりますが ダンジョンの種類の一つです。
影ミッションはタルティーンとタラで、劇場ミッションはエイヴォンで入場することができます。

メインストリームを進めていくと、これらのミッションに入るクエストが届くことがありますので、ぜひとも挑戦してみてください。

その他の冒険

この他にも、ダンバートンの「怖い図書館」、タラ王城の「料理ダンジョン」、イリア大陸の「イカダ下り」や「熱気球」、夜になるとモンスターが湧く「メトス」、ザルディンの「レネス調査」、スカアハの海岸にある「森の浄化」など、特定の条件でモンスターと戦うことができるスポットがいくつもあります。

プレイに慣れてきたらこうした場所に挑戦してみるのも面白いかもしれません。
※モンスターが強いところも多々あるので注意が必要です。

 

inserted by FC2 system