TOP > 才能の選択

ナオさんに才能の選択を迫られる

白い空間で出会ったナオは、いきなり才能の選択を迫って来ます。
さすがに何の知識もなしにいきなりそんなことを言われても…と思う方も多いはず。
そこで何を選んだらいいか考えるための参考となる事項を記載しておきます。

ここではオススメ、戦闘才能、生活才能、英雄才能というタブがあり、才能を選択することができます。
それぞれのアイコンを押すと詳しい内容を確認することができますので、読んでみましょう。

なお、初心者は「冒険」才能を選択することができません。
また、スターターカードの場合、「英雄才能」を選択することはできません。

才能の効果

才能とは、簡単にいえばスキルのグループのことです。いくつもあるスキルについて、例えば近接で使うソードマスタリなら戦術、アイスボルトなら魔法、といったように分類がなされています。

才能は、2012年7月に実装された比較的新しい仕組みで、どちらかというと既存のスキルを「より覚えやすくする」方向のシステムとしてイメージするとよいと思います。
マビノギでは、種族による制限を除き、ほぼすべてのスキルを自由に取得していくことができます。
才能の選択により制限を受けることはありません。ここでは才能を選んで変わる主なものを見ていきます。

<修練値2倍効果>

才能の効果として、プレイに影響するのは「修練値2倍効果」です。選択した才能に分類されたスキルは、修練が半分で済みます。ただ、序盤はどのスキルも修練回数がそれほど多くなく「ダンジョンを回ってたらいつのまにか修練が終わっていた」ということもあるため、ここの選択を間違ったことで、スキルが覚えられなくなるということはありません。

<チュートリアルクエストと初期支給品>

一部の才能では、選択してログインすると、その才能に属するスキルの使い方をマスターティンから習うクエストが降ってきて、ひととおり使い方を学ぶことができます。また、例えば弓術ならロングボウ、錬金術ならシリンダーと結晶といったように、そのスキルで使用する装備を最初に受け取ることができます。

<才能タイトル>

そして、才能タイトルと呼ばれるものが名前の上に表示されます。
才能タイトルは「新米」から「グランドマスター」までの才能階級と才能の名称で構成されます。
同じ才能グループに属するスキルを上げることによって、才能階級が上がっていきます。
ただし、これは選んだ才能にかかわらずスキルを持っていれば階級の上昇や表示ができますので、これを気にして最初の選択をする必要はありません。

才能階級を上げることによって、影ミッション(ダンジョンのようなもの)で高い難易度のものを選択できるようになります。

どの才能を選んだらいいの?

「キャラクター育成」にも少し書きましたが、序盤を進めやすくするためには戦闘系の才能を選んでおくことが無難です。

他の才能は慣れてきてからでも遅くありません。よって、戦闘才能に書かれている戦術、弓術、格闘術か、ちょっと違う戦い方をしたい場合はシューター、人形術、魔法、錬金術、槍術が戦闘系の才能になります。
錬成術と音楽が同じタブにありますが、こちらは「戦闘補助」の要素が強いため、あまりお薦めできません。

また、オススメのタブには格闘術と戦術があります。
これ以外の戦闘系才能でも問題はないのですが、初心者に一番オススメできるのはこの2つと考えて良いと思います。
魔法と錬金術は序盤から中盤に単独で使用するにはプレイヤースキルが必要です。
槍術は関連スキルが戦術と共通の部分があり、槍術で必要なステータスは戦術のスキルで伸びることから、戦術よりはオススメされていないものと思われます。
人形術は操作にクセがあるため、基本動作をマスターしてからのほうが良いかもしれません。
シューターはStrとIntのステータスに依存するため、これらを伸ばす戦術と魔法のあとに選ぶと威力を発揮します。

やっぱり決められません(;ω;)

どうしても決められない、そんな方のためにはこんな方法があります。
最初に作ったキャラクターは、累積レベルか探検累積レベルが1,000以上になるまで24時間に1回転生可能です。
そして、才能は転生のたびに選ぶことができます。これを利用して何度も転生していろいろ試すという方法です。

戦術、槍術、格闘術、音楽以外の才能については、選ぶとマスターティンからスキルについて学ぶことができるほか、自動で一部のスキルをランクFにすることができ、APもお得です。

意外と使ってみたら魔法がしっくりきた、とか人形術で生きていく決心がついたとか、そういったインスピレーションもあるかもしれませんので、気になる才能が複数ある場合にはどちらも試してみるとよいかもしれません。

ただし、累積レベルが1,000以上となるとその時点で1日転生はできなくなります。
普通にクエストをクリアするだけでもレベルは簡単に上がってしまいますので、ご利用は計画的に。

スキルへのAPの振り方について

才能はいろいろと試してみることができますが、最終的に決めた才能のスキルを重点的に上げるようにしましょう。
APは限りがあるため、あれもこれもと振ってしまうと中途半端になってしまう可能性があります。
Fまではどれも上げてみてもいいかもしれませんが、そこから先はAPを効率的に使うためにもある程度まではひとつの才能にしぼっていくことをオススメします。

初心者の間は、一度振ったスキルを初期化してAPに戻すことが可能ですので覚えておきましょう。

人間でスタートしたキャラクターはティルコネイル村長のダンカンに話しかけると、「初心者スキル初期化」というボタンが表示され、スキルを初期化してAPを振り直すことができます。

注意点としては2点、累積レベル1,000未満のキャラクターが対象であることと、ランクFのスキルを練習に戻すことはできないということです。累積レベル1,000を超えた場合、スキルを下げるには「スキルアントレインカプセル」という有料サービスでもらうアイテムが必要となりますので、慎重に行うようにしましょう。

英雄才能について

最初から選択することはできませんが、英雄才能変更券(300円)を使って英雄才能という才能を習得することができます。

英雄才能は、3つの才能が同時に使用できることと、一部のスキルを自動的に習得することができます。
それぞれの英雄才能の具体的な才能とスキルは次の通りです。

<マーリン>

才能:「魔法」、「治癒」、「調合」

スキル:「マジックウェポンマスタリ」、「インスタントキャスティング」、「ムービングキャスティング」、「メテオストライク」

<アリア>

才能:「音楽」、「人形術」、「治癒」

スキル:「歌」、「アンコール」、「幻想のコーラス」

<プロフェッサーJ>

才能:「錬金術」、「錬成術」、「戦術」

スキル:「ヒュドラ錬成」、「ガードシリンダーマスタリ」、「エレメンタルウェーブ」、「ゴールデンタイム」

<マスターシェフ>

才能「料理」、「調合」、「戦術」

スキル:「フェスティバルフード」、「フードマスタリ」、「材料捜索」

<トレジャーハンター>

才能:「冒険」、「交易」、「シューター」

スキル:「探検マスタリ」、「遺物調査」、「危機脱出」

マビノギに慣れてきた頃に英雄才能の選択を検討してみましょう。

 

inserted by FC2 system